はじめに

家庭用脱毛器って知っていますか?
脱毛サロンに通わなくても、自宅で脱毛ができると人気ですよね!

 

ただ、自分で自宅で脱毛するとなると、痛みや効果について心配な点も出てくると思います。
他にも、脱毛器で永久脱毛ができると勘違いして購入してしまう方もいらっしゃるのでは?

 

このサイトではあなたにぴったりの脱毛器を見つけるためのお手伝いをさせていただきますよ〜!

 

目次

家庭用脱毛器はサロンよりこんなところが優れている!

まずは、家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いを確認しておきましょう!

 

レーザー・光照射量はそんなに変わらない

脱毛

サロンにある大きな脱毛機器と家庭用脱毛器、実はそんなにレーザーや光の照射量は変わらないのです。
美容外科の脱毛機器に関しては特別な資格が必要ですが、エステサロンにある脱毛器はサロンの研修などを受ければ誰でも使えるもの。
なので機械自体の性能はそんなに変わらないのです。

 

予約を取る必要がない

予約

当然家庭用脱毛器なら自分の好きな時間に使えて痛さも使用周期も自分で合わせられるもの。
これがサロンの予約となると2か月先まで取れない、予定が入るとまた予約をとりなおさなければならない、など、
どんどん先延ばしになってしまいいつの間にか面倒くさくて行かなくなる・・・なんてことになってしまいがちですが、
家庭用脱毛器ならそんな面倒くささは全くありません。

 

恥ずかしさもなし

恥ずかしさ

脱毛する箇所って、本来あまり人に見せたくない部分が多いですよね。
特にVIOなんかはいくら女性スタッフのみとはいえやっぱり他人に見せたくはないもの。
家庭用脱毛器で処理するとこの恥ずかしさは全くありません。
自分の好きな時間に一人でできるのが家庭用脱毛器のいいところです。

 

コスパが良い!

コスパ

エステでの脱毛で500円キャンペーンとかいうのがありますが、あれは安さでお客さんを集めて、そのうちの何人かが高額なコースを契約してくれることを目的としたもの。
当然500円ではきれいに脱毛、なんて無理です。
サロンで全身脱毛するとなるとやはりどんだけ安く見積もっても20万はいるところ。
その点家庭用脱毛器なら高くても10万以内で全身脱毛が可能なので結果的に安くつくというわけです。

 

以上、4つの理由から家庭用脱毛器での脱毛はサロンよりおすすめ!
ひとつだけデメリットがあるとしたら、背中などは自分でなかなかできない…といったところでしょうか?

フラッシュ脱毛器とレーザー家庭用脱毛器の違いは?

上記で脱毛サロンと脱毛器の違いを紹介しました!
次は、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の違いを明確にします!

 

まず、家庭用脱毛器には「フラッシュ脱毛器」と「レーザー脱毛器」が存在します。
例えを出すとすれば、ケノンはフラッシュ、トリアはレーザー・・・ですかね。

 

どちらがおすすめなのでしょうか?

 

レーザーとフラッシュ脱毛器の性能の違い

フラッシュ脱毛は脱毛サロンで行っている光脱毛と同じ種類です。
メラニン色素に反応し、毛根に働きかけ、毛の色素を破壊していく、というもの。
レーザーに比べて効果は薄いですが、家庭でも広い範囲に照射することができます。

 

レーザー脱毛は美容外科などの医療用レーザー脱毛器を家庭用に出力を落として販売されたものです。
なのでメラニン色素に働きかける効果はフラッシュより高いですが、照射範囲がものすごい狭いのと、レーザーはフラッシュより高い光量を出すのでやけどの心配や痛みがどうしても出てきてしまう恐れがあります。

 

フラッシュとレーザー 痛みの違いは?

先ほども少し書きましたが、フラッシュ脱毛に関しては光の強さが弱いのでその分痛みは感じません。
対して家庭用レーザーはピンポイントに高い光の量を出してくるのでどうしても痛みが出てきてしまいます。

痛み

 

しかもピンポイントにしか光を当てられないのでたくさん脱毛しようとするとやけどまでの危険性が。
使用後は必ず肌を冷却するようにしなければいけません

 

フラッシュとレーザー、効果の違いは?

レーザーはピンポイントに効果を少ない照射量で発揮してくれます。
対してフラッシュは全身の毛を徐々にたくさん薄くしてくれる、というもの。
効果の表れ方はレーザーのほうがてきめん
フラッシュはどうしても期待できる効果が表れるまでに時間がかかってしまいます。

 

コストパフォーマンスは?

お金

レーザーは一度使うとカートリッジなどの交換の必要がないのに対し、フラッシュはカートリッジに寿命があるため、交換にコストがかかったり、物によっては本体ごと使い捨てのものもあります。

コスパで選ぶならレーザーのほうが有利ということですね。

 

で、結局どちらがいいの?

全身をくまなく脱毛したい、デリケートな部分を脱毛したい、痛いのはいや!という方はフラッシュ脱毛器で、
とにかく気になるところを何とかしたい、急いでつるつるにしたい!という方はレーザー脱毛器を選ぶ、というのがお勧めですね。

痛くない脱毛器ランキング!

”痛み”は自分で脱毛を行う際に一番気になるところではないでしょうか?
そこで、痛くない脱毛器ランキングを作ってみました!
痛くないというより、痛みを感じにくい脱毛器ですね

 

ケノン

ケノン

言わずと知れた口コミナンバーワンの家庭用脱毛器。
これ1台で全身産毛さんも剛毛さんも男性もみんなツルツルお肌にできちゃいます。
しかも美肌効果も期待できるので、全身パール肌も夢ではないかも。
フラッシュ脱毛器で痛みはほぼ感じないといっていいでしょう。

価格

痛くない度

照射面積

69,990円

評価

9.25平方センチメートル

公式サイト

 

光エステ

光エステ

パナソニックが販売しているフラッシュ脱毛器。
トリマー機能もあるので剃るのとフラッシュが両方できちゃうスグレモノ。
ただし、光の脱毛効果は薄く、ワキなどの濃い毛には効果が低いのと、トリマー機能は剃り残しがどうしても出ちゃうのが難点
ほとんど感じないので安心してください。

価格

痛くない度

照射面積

34,657円

評価

5.25平方センチメートル

公式サイト

 

センスエピ

センスエピ

低価格でしっかり効果を発揮してくれるのがセンス・エピ。
光脱毛で1万円台はなかなかないですね。
ただし、ちょっと本体が持ちにくいのと、細かいところまでの照射が難しいこと、照射面積が少ないのが難点といったところ。

価格

痛くない度

照射面積

19,800円

評価

2.7平方センチメートル

公式サイト

 

永久脱毛に近い効果を持つ脱毛器ランキング!

家庭用脱毛器は残念ながら、永久脱毛はできません。
でも永久脱毛に近い効果を得ることは家庭用脱毛器でもできます!
そこで今回は永久脱毛に近い効果が得られる家庭用脱毛器ランキングを紹介いたします!

 

ケノン

ケノン

1位はやはりケノン。
ケノンは上記で説明したので省略します!

 

トリア

気になるムダ毛を確実に薄くしたいのであればトリアがお勧め。
こちらは家庭用レーザー脱毛器なのでフラッシュ脱毛に比べて光のパワーが強く、しっかりムダ毛を処理してくれます。
ただし、レーザーなのでどうしても痛みが伴うのは覚悟の上でご使用ください。
はっきり言ってとても痛いので、使用後の冷却は必須ですよ!

価格

痛くない度

照射面積

59,800円 評判 直径8mm

 

イーモリージュ

ケノンと同じ会社のアローエイト社が販売しているフラッシュ脱毛器。
こちらもかなり高い脱毛効果が期待できますが、正直な話イーモリージュを購入するならケノンを購入したほうがまず間違いないでしょう。
痛みはほとんど感じません。
照射面積はケノンの方がおおきいですね。

価格

痛くない度

照射面積

89,000円 評判 435平方p

 

エピナード

家庭用脱毛器には珍しく、効果がなければ30日以内の返金保証をうたっています。
効果は結構しっかり出ますが、定期的にカートリッジを購入しないといけないのが難点。
痛みはほとんど感じません。

価格

痛くない度

照射面積

59,800円 評判 7平方p

 

永久脱毛に近い効果を持つ脱毛器ランキングは、このような結果になりました!
相変わらずどのランキングでも1位を独占するのは「ケノン」。

 

性能もダントツでケノンが良いですね。

 

だからといって、他の脱毛器が良くないわけではなく、用途によってケノンより優っている部分はあると思うので、
自分の用途によって脱毛器を選んでください!

 

 

 

家庭用脱毛器選びの基準は?

昨今、様々な家庭用脱毛器が発売されています。
いったいどれがいいのかわからない・・・とお考えの方に家庭用脱毛器を選ぶ4つのポイントについてご紹介いたします。

 

脱毛方式を知る

一口に脱毛器、といってもその方法は色々。
フラッシュ式・レーザー式・熱ワイヤー式などなど・・・。
この中で最近痛みも少なくかつムダ毛の生え変わりサイクルを比較的遅くしてくれるといわれているのがフラッシュ脱毛器。
レーザー式や熱ワイヤー式などはどうしても痛みが伴ってしまいます。
無理なく続けようとするのであれば、お勧めはフラッシュ脱毛器ですね。

 

照射面積と1回当たりのパワー

当然のことながら1回に当たる照射面積が広いかつパワーの大きいもののほうが少ない時間でケアできます。
特に全身脱毛を家庭用脱毛器でやってしまおう!とお考えの方にはこの照射面積とパワーはとても重要。
単純に安いからと言ってこの辺を考えずに購入してしまうと後で大して効果が出ないまま壊れてしまった…なんてことになりかねません。

 

1ショットあたりのコスパを考える。

家庭用脱毛器の本体自体は壊れるまで使うことができますが、カートリッジやバッテリーなど、交換が必要な消耗品がついているものです。
そこで重要になってくるのが1ショット当たりの価格
本体価格の安い商品はカートリッジの寿命が短いものも多く、かえって高くついてしまうものも多くあります。
なのでカートリッジが使える寿命などをきちんと比較して、値段と割ってみてコストパフォーマンスの良いものを選びましょう。

 

アフターフォローの有無

家庭用脱毛器は使えばすぐに毛が抜けるものではなく、一定期間使い続けてこそ効果が出るもの。
そのため商品の保証やアフターフォローの有無はとても大事です。
こちらの場合はメーカ保証だけでなく、購入するお店やネットショップによっても変わってくるので、同じ商品ならアフターフォローが充実しているお店のほうを選びましょう

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

二つのランキングを紹介しましたが、参考になりましたか?
ケノンは業界1を誇る脱毛器です!

 

なので、自分にあう脱毛器を見つけたいけど、お金を払ってまで冒険したくない!という人などは
ケノンをおすすめします!

おすすめ

 

サロンに比べれば、脱毛器はお金がかからないですが、そうとは言っても脱毛器だって〇万はしますから、
慎重に選ぶ必要がありますね!